東京都多摩市(エリアE)で活動している少女サッカーチームの非公式応援ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

日曜日はLaLuceを見に行った後で少女トレセンの練習会。
暑い中で朝からフットサルに出場していたアリエッタの6年生ふたりも
そのまま「はしご」という強行日程。お疲れ様でした(笑)。

現在の少女トレセンには27人も選手がいるので、
練習でもテンポよく効率的に進めていくのが大変です。
なるべく待ち時間を少なくするよう頑張ってはいますが、
この日はちょっとうまくいかなかった部分もあり反省・・・。
次回からは事前に練習メニューと進行について
スタッフ間できっちり打ち合わせをした上で実施しないといけませんね。

この日の練習後半は多摩SCさんの男子4年生とマッチアップ。
多摩SCさんのこの世代は層が厚く強い代のようで、
現在行われている多摩市春季大会でも2チーム出していずれもベスト4入り。
勢いに乗った元気の良いチームだけに良い経験が出来ました。

さて内容をふり返ってみると感じたことがいくつか。

まずピーチカップでいわゆる「控え」組だった選手たち。
一番感じたのは守備に対する意識が足りないということ。
アピールしないと・・・いう意識が強かったのかもしれませんが、
攻撃には一生懸命行くのに、ピンチでも戻らない選手が多い。
守備をしなくて良いポジションなどありませんから、
そこのところの「責任」を果たせない選手は評価は上がりません。

次に4年生の選手たち。う~ん、少し元気がないかなぁ・・・。
まだ2回目の練習会で緊張したり遠慮している部分もあるでしょうが、
もっともっと声を出して、自分から積極的にプレーに関わってほしいですね。
トレセンでは学年なんて関係ないし、早く自分の力を発揮してほしいな。
それが上達する秘訣でもありますから。

最後に6-5年生の「暫定Aチーム」の選手たち。
多摩SCさんとの試合でもほぼ完全に試合を支配し、
ボールポゼッションでも圧倒的という展開でした。

が。

そのわりに点が獲れない。というよりシュートまでいけないのはなぜ?
見ていると状況判断がないままドリブルで突っ込んでいき、
相手の守備に跳ね返されているシーンが多々ありました。
「ボールを持ったらまず自分で仕掛ける意識を持つ」というのが
disciplineではありますが、ではそのドリブルをいつまで続ければ良いのか。
パスを使った方が良くない?サイドを変えた方が良くない?
そういうところを「状況判断」してプレーする必要性がありますね。
仮にこの日のプレーが判断した上でのドリブル勝負だったなら、
相手を交わすための足技をもっと練習する必要がありそうです。

とはいえ、トレセンの活動は始まってからまだ2か月目。
自分の力を発揮しきれていない選手がいても不思議ではありません。
また次の活動から頑張ってやっていきましょう。
スポンサーサイト

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

今日は練習のつもりでグラウンドに行ったところ、
昨日までの雨で一面ぐちゃぐちゃ状態。
中に入ると整備が大変なことになりそうだったので、
急遽練習は中止になりました。
雨だけではなくて、おそらく霜の影響もあったと思われます。
せっかく集まった子供たちには可哀そうでしたが、
あの状態で使ってしまったら、ボコボコに固まってしまって
次から使うのが大変になってしまいますからね・・・。
やっぱりきさらぎ杯の会場は変更しておいて正解だったなぁ。



※まるで砂浜のようです・・・


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

少女トレセン練習会 

今日は先週と違って日中は暖かく、練習をするには絶好の天候でした。
アリエッタはトレセン組はトレセン練習会で練習、
それ以外の選手たちは、トレセン練習会の隣で自チーム練習という形。
先週の自チーム練習、遡って先月のトレセン練習会、
そして今日の自チーム、トレセン練習会と奇しくもテーマは全て同じで、
「状況判断をする」という内容。ベクトルが全て同じ方向というのはいいですね。
トレセン組は練習メニューの難しさに、練習メニューのルールを覚えることに必死。
「練習のための練習」になりかけたので、そこはしっかり注意をして
その練習メニューを行う本来の目的を考えてプレーするように伝えました。
動かさないといけないのは、身体だけではなく頭もだよ、みんな!
とりあえず少しずつですが、上達は見えてきたかなという感じです。



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

トレセン練習会ほか 

7月に実施出来なかった分の多摩少女トレセン練習会を、
先週末日曜日に行いました。
暑い時期ということで、8時から10時までの2時間。
おまけにこの日はいくぶん暑さも和らいでいて、
なかなか快適に練習を行うことが出来ました。





アリエッタの選手たちは最近続けていたドリブル練習の成果が見えてきて、
ゲームの中でもドリブル技術で抜いていくシーンが何度かありました。
基本的にドリブルで勝負できない選手というのは
相手から見ても怖さを感じないと考えます。
なのでこの部分はさらに磨いていきたいですね。





そういえば会場の観覧エリアにはこんなものが・・・。





大量のセミの抜け殻です。誰が集めたのか・・・(苦笑)。


この練習会の前日は、元トヨニコーチで、
現在バルセロナでコーチングを学んでいる堀江さんが一時帰国。
トヨニのコーチと多摩FA4種委員長を交え懇親会を開きました。
(いや、ただの飲み会ですね・・・)





スペインではせいぜい練習は1時間くらいしかやらないとのこと。
長くやりすぎるとどこかで手を抜くことを考えてしまい、
それが試合でも出てしまう欠点があるという考え方だそうです。
それなら集中して短時間の練習にしようということみたいですが、
このあたりは日本人とシエスタがあるお国柄のスペインとの
国民性の違いが出ているような感じですね。
色々な話が出来て有意義な時間を過ごせました。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

はじめの一歩 

ここのところ色々と忙しく、ブログの更新が滞っていました。
まぁ、ネタもあまりなかったんですけどね(笑)。

ここ2週間の練習は以前にも書いたとおり
「基本に立ち返る」ことを念頭に、
ドリブルの練習を重点的にやりました。
単調な練習になりがちで、おもしろいかおもしろくないかで言ったら
絶対におもしろいメニューではなかったと思います(笑)。

ただ選手たちには最初に話をしましたが、
おもしろくなくてもやらなければいけないものがあって、
それをやらないことには今現在の彼女たちの課題が解消されないと考えます。
おもしろいメニューを作ってあげようという配慮は必要かもしれませんが、
それは最優先すべきポイントではありませんからね。

理解してくれたかどうかは別にして、
最近ではこれほどまでにドリブル練習に時間を割いたことはなかったはず。
思い返せばアリエッタが出来たばかりのころは、
毎回毎回、繰り返し繰り返しドリブルの練習ばかりしていたなぁ・・・。
去年の「最強世代」の初期メンバーも第一歩はそこから始まりました。
これからも時間を見つけてやっていきたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







お問い合わせはここをクリック


検索フォーム

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。