東京都多摩市(エリアE)で活動している少女サッカーチームの非公式応援ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

春の入学式の時にチラシを配布したのが効いたのか、
ここのところ徐々に徐々にメンバーが増えてきています。
アリエッタはもちろんですが、男子の方も上向きです。
人数が多い方がにぎやかになって楽しいですし、
練習メニューも増えますから子供たち同士互いに競争しあって
少ない人数でやるよりも成長が早まります。
この先も体験申込みがさらに来ているので
このままの感じで仲間がどんどん増えてくれるといいですね。

そういえば3年生以下女子の「ニーニャス大会」ですが
参加申込みの受付が始まっています。
毎年のように他のチームと合同参加していたアリエッタですが、
今年は9人(6人制)も選手がいて単独で出場できます。
合同参加も楽しいですが、自チームだけで出場するというのが
本来チームとして目指す方向でしょうから、
とても喜ばしいことだと思います。

サッカーを始めてみようかな??というみんな。
ぜひ一度体験に来て下さい。
今ならいっしょに始める友達もたくさんいて楽しいよ!
スポンサーサイト

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

以前このブログで紹介した目標達成シート。
GWの宿題として3年生以上に作ってもらいました。
最低限のルールとして自分の学年の数だけは
大目標を達成するための要素を考えることとしましたが、
それ以上に考えてきた子もいれば足りない子もいる。
さらに真剣に考えたであろう子もいれば
最後は投げやりになった子もいる・・・という感じで
ひとりひとりの性格や集中力、さらに取り組む姿勢など
この1枚の用紙に顕著に表れているように思います。

さて子供たちが提出してくれた内容は
ほぼ9割方が自分自身の個人目標でした。
それはそれで別に良いのですが、
せっかくたくさんのキーワードを考えてくれたので
チームとしての目標達成シートも作成して
先日の練習の時に全員に配布しました。
それがこれ↓。



チーム目標達成シート

↑画像をクリックでPDFが開きます。↑


「試合に勝つ」をチームの目標として、
それには何が必要かをまとめたものになります。
繰り返しますがここに載っているキーワードは
全て子供たち自身が書いて提出したものです。
「試合に勝つ」ためにやらなければいけないことは
こんなにもたくさんあるんですよね。
今なかなか勝てないでいるアリエッタの選手たちは
果たしてこのうちのいくつを実行できているでしょう。

目標は立てることがゴールではありません。
立てたところからやっとスタートするものです。
そしてその目標を達成するために努力をしないといけません。
現状の戦績に悔しいという気持ちを持っているなら
自分が立てた目標を達成できるように必死に取り組んでほしい。
けっして「書いておしまい」「何を書いたか忘れた」とは
ならないでほしいな・・・と強く思います。
サッカーノートに貼っておくように言いましたが、
毎回見直してから練習や試合に来るようなれば、
今の状況からも抜け出せるのでは・・・と思っています。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

久々の更新 

久々の更新になります。
この間、U12リーグはひと休みで、
アリエッタは基礎練習に時間を割いていました。
それこそ創設当時にやっていた練習メニューに遡り、
ひとつひとつやり直していくような感じで。
ただどんな練習メニューをやろうと
それを自分のものにするべく努力しなければいけないのは
もちろん自分自身のわけです。
我々コーチたちは「やり方」は教えることが出来ても、
実際に「やるかどうか」は本人自身の問題ですから、
最終的にはそこにたどり着きます。

さて私は少女トレセン練習会があったので不参加でしたが、
きのうは町田フェアリーさんと練習試合でした。
U12リーグでは勝ち星なし、無得点が続いている中、
3試合行って2勝1分だったそうです。
とはいえ相手は6年生がいなくて
途中からは1年生も出場してきたという話。
スコアを額面どおりには受け取れません。
良かったところは継続し、悪かったところは修正する。
この試合の内容をこの日だけでクローズしてしまわないで、
それぞれがサッカーノートに考察してくれるといいですね。
今は少しずつでも力を蓄えていく時期。
根気よく地道な努力を続けていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

勝てない現状 

GW中はとにかく毎日サッカー三昧。
U12リーグや多摩少女トレセンの遠征など
息つく暇もないほどでした。
もうすっかり日焼けしてまるでハワイでも行ってきたかのような。
「グラウンド焼けです」っていうのもちょっと恥ずかしい(笑)。

さて東京都U12リーグの方は29日、2日、6日と
3日間に渡りそれぞれ1試合ずつ消化しましたが、
結果から言うと残念ながら3連敗・・・。
このリーグ戦はいまだ無得点・未勝利という状況が続いています。

■04/29 なかのSC戦 0-2負け
■05/02 北区さくらガールズ 0-2負け
■05/06 小金井緑小F 0-1負け

試合の際はそれぞれ頑張っているのだと思いますが、
試合と言うのはあくまで普段積み重ねたものをベースに行うもの。
普段の積み重ねが少ないのに試合に行って良いプレーは出来ないし、
当然のことながら勝つなんてこともありえません。
今のアリエッタが「勝ち」から見放されているのは、
はっきりと言ってしまうと普段からの積み重ね(=努力)が
足りていないからだと思います。
低学年まで含めないと試合人数が足りない、
だからいつでも当たり前のように試合に出場出来る。
毎回なんとなく試合をやっているだけ。
そんなぬるま湯環境が彼女たちに大事なことを忘れさせている気がします。

4月に入ってから練習のたびにリフティングの回数を記録していますが、
1か月以上経過した今になっても、
数え始めた当初から数字が変わらない選手が半数以上います。
リフティングはボールがあればひとりで出来るのだから、
練習のない日でもちょっとずつでもやってみるんだよ・・・
という話をして、それに対して「はい」と返事をしているくせに、
数字が伸びる気配のない選手たちがいます。

このリフティングはひとつの例ですが、
これ以外にも試合中以外の部分での意識の低さを感じることが多々あり、
これでは単にサッカー遊びをしに来ているだけという感じさえします。
プレーをするのは自分たち自身。勝ちたければ上手になるしかないし、
上手になるには自分が努力するしかありません。
少なくても今はそういう気持ちは彼女たちからは伝わってこないですね。

このブログでもこれまでに何度も何度も書いてきましたが、
アリエッタは0-18、0-19という屈辱的な敗戦から這いあがって
東京都中央大会優勝、関東大会出場まで登りつめました。
当時は1年生が必死の思いで泣きながら試合をしていたものです。
それでも彼女たちは試合も練習も休まなかったし、
上手になるために一生懸命努力をしていました。
だからこそ最終的には素晴らしい結果を得るまでになれたわけだし、
その姿を間近でずっと見ていた私からすると、
今のチームの選手たちよりも年下の子たちがやっていたことを
ほとんど出来ないでいることが物足りなくて仕方がありません。

厳しい話ばかりになりましたが、選手の奮起に期待したいです。



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

もうすぐGWが始まります。
アリエッタも祝日でも練習がお休みになる特別スケジュール。
東京都U12リーグの真っ最中だけに
当然自主練をしてくれるだろうとは思っていますが、
それとは別に「頭」の方を使う宿題も出すことにしています。
それがこれ↓。



目標達成用紙


あのプロ野球北海道日本ハムファイターズの怪物、
大谷翔平選手を輩出した花巻東高校が取り入れているという
通称「目標達成用紙」です(詳しくはこちら)。

自分の大目標をひとつ設定してそれを用紙中央に書き込み、
その大目標を達成するために必要な要素を8つ考え、
さらにその8つの要素それぞれを達成するために必要なことを
また8つずつ考える・・・というもの。
これを全部埋めるとひとつの大目標を達成するために
必要なことが72個明確になるというわけですね。
LaLuceでは8個ではなく9個ずつでやったそうですが、
アリエッタは小学生ですし学年もばらつきがありますから、
とりあえずの目標は大目標ひとつに対して
学年と同じ数(6年生なら6、5年生なら5・・・)の要素を
考えて埋めてもらおうかと思っています。

これだけでも大変な作業だとは思いますが、
間違えてはいけないのは、この表を埋めることが目的ではなく、
自分で考えて埋めた必要な事柄を実践することが大切だということ。
自分で決めた目標、そして自分で見つけた目標に到達する方法。
これを自分自身との約束としてチャレンジすることが
このシートを作成する最大の目的です。

ともかく土曜日に全員に配布するので、
みんな休み中にしっかり考えて作ってほしいなと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







お問い合わせはここをクリック


検索フォーム

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。