東京都多摩市(エリアE)で活動している少女サッカーチームの非公式応援ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

トヨニOBでFC刈谷で活躍されていた飯塚亮選手が
今シーズン限りで現役を引退し来季からそのままFC刈谷の
監督に就任されることになりました。



FC刈谷公式リリース
飯塚亮選手 現役引退とFC刈谷新監督就任のお知らせ
http://www.fckariya.jp/info/news_release.php?no=1755

飯塚亮選手公式ブログ
リョウ魂
http://ameblo.jp/rirm10/entry-12103893385.html


まだ28歳。現役引退の決断も難しかったでしょうが、
来季からはJFL、そしてJリーグ昇格を目指す若いチームを
引っ張って行くことになります。
頑張ってほしいですね。

飯塚選手関連の記事はこちらから。
スポンサーサイト

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

前人未到の大学選手権6連覇を達成し、
今や大学ラグビー界の絶対王者となった帝京大学ラグビー部。
今年も圧倒的な強さで7連覇はほぼ確実視されています。
その帝京大学ラグビー部の監督である岩出雅之氏が
先日JSPORTSで放送された特集番組で
興味深いお話をされていました。


「学生をざっくり分けて、何も言わなくてもしっかりやる子と、
逆に言ってもやらない子、その間でどちらかに流れる子に3分割するとします。
その割合を3:3:4としておきましょう。
流される4割を何も言わなくてもやる3割のほうに加えるためには、
全体の7割が達成できることを課題設定のスタンダードにするのが大切です」


ベンチプレスで持ち上げる重量を例に挙げていましたが、
子供のサッカーで例えるとするなら、
リフティング回数の目標を、3割が可能な200回としたなら空気が萎えてしまう。
7割程度が可能な80回なら活力が醸し出され、
次は90回、100回と次第に増えていくという考え方です。


「要は指導者が最初に最高の目標を与えずに段階を踏んで設定していく。
7割ができる形にするとやる気が蔓延してくる。
逆に7割ができないとチームの空気が悪くなるのです。」

目標設定は7割を基準とし、残りの3割には別の課題を設定してあげる。
さらに能力の高い選手には個別に高い課題を設定してあげる。

「7割の学生が出来てくると、残りの3割は自己反省しますよ。
個別に面談的なことをすれば、自ずと変わってきます」


人間の認識力は視覚に頼る部分がとても大きいそうで、
記憶も映像で見ると頭に残りやすいと言います。
最終目標が高いほどモチベーションが上がるように思いますが、
視覚で認識できないレベルの高い目標を与えてしまうと
脳が無意識に「無理だ」と判断し目標として機能しなくなります。
そのために今度は目標の「可視化」が必要になってきます。
現実的に「見える」目標を設定することで、
「あの瞬間、いやあれ以上の瞬間を、今度は自分が」とイメージ出来て
「無理だ」という思考を排除することができるというわけです。

有名な話ですが帝京大学ラグビー部で設定している目標は
「前年度のチームを越える」というものです。
大学選手権を6連覇もしていますから、
年々チームは成熟していき、前年度のチームを越えるのは
並大抵簡単なことではなくなってきています。
それでもここまで先輩たちはそれを成し遂げて連覇を達成、
昨年はついにトップリーグを撃破までしたわけですから、
「次は日本一」という最高の目標も「見える」ところまで来ました。
「最高の目標」が「可視化」できるところまできたわけですね。

---

さてそれではアリエッタで7割の選手が達成できる、
そして可視化できる目標と言ったらなんでしょうか。
私は「練習を休まない」ことを目標にしたらどうか、
そんなふうに思います。

言うまでもなく練習は上達するための、
そしてサッカーを楽しむための最も大切でスタートの部分です。
しかしアリエッタの現在の状況を見てみると
必ず誰かしら欠席する選手がいて、正直本人たちも休むことについて
あまり罪悪感(?)を持っていないように見受けられます。
練習を休んだら上達するチャンスを逃してしまう、
上達しなければ仲間やチームに迷惑をかけてしまう、
上達しなければ試合に勝つことも出来ない・・・。
そういう気持ちが本人たちにあるのかな・・・?と感じます。
もちろん学校があったり、体調が悪かったり、
家庭の用事があったり、休まなければいけない日もあるでしょう。
それはそれで仕方ないことです。
でも実際にはそれ以外にも友達と遊びに行くとか、
眠くて起きるのがつらいとか、なんとなく面倒くさいからとか、
要はさぼっていることがゼロとは言えないのではないかなと。
もちろん休まずに練習に来ている子たちも大勢いるので、
チーム全体として「練習は休まないで来るようにしよう」
という雰囲気をまず作り、これをスタンダードにすることで
だんだん全体的にそうなっていくのでは・・・と期待します。
まして今のアリエッタは3年生以下の低学年が半数以上を占め、
また高学年はキャリアの短い子がほとんどです。
つまりどこのチームよりもたくさん練習しなければいけない立場ですから。

もうすぐきさらぎ杯も始まります。
ほんと頑張らないと。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

新チーム最初の都公式戦となる
ピザハットカップ きさらぎ杯東京少女サッカー交流会」の
参加申込みが受付開始になりました。
例年だと5-2年生の枠でやっていた大会ですが、
今年はなぜか5-3年生という枠に縮小。
おかげでアリエッタは8人制のところに10人しかいません。
くれぐれも欠席のないようにご協力をお願いします。

さてきさらぎ杯と言えばやはり2012年
現中3世代の子たちが成し遂げた中央大会優勝の偉業。
あの時のメンバーはアリエッタ創設当時の苦しかった時期を乗り越え、
頂点まで到達した子たちが何人もいました。
そしてその子たちの頑張りに引っ張られて
負けずに喰らいついて行った仲間たち・・・。
チーム内、選手間の環境としては理想的だったと思います。
新チームもこのようになっていくでしょうか。
大会は早ければ来月にも始まります。
もたもたしている時間はありません・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

直筆サインだよ 

明日はいよいよなでしこジャパンの準決勝。
なんだかんだ言いながら2大会連続で
ここまで勝ち上がってくるのだから立派です。
明日ももちろん勝って連覇に突き進んでほしいですね。

さてその準々決勝の土壇場で決勝ゴールを決めた岩渕真奈選手。
現在はドイツで活躍していますが、
ご存知の通り以前は日テレ・ベレーザに所属していました。
彼女がベレーザにいたころと言うのは
アリエッタもよくベレーザ・サッカー教室に通っていたころで、
ちょうど前回のW杯ドイツ大会があった4年前に
彼女も来ていたサッカー教室に参加しました。
当時の彼女は怪我していてミニゲームには参加していませんでしたが、
それでもグラウンドで子供たちと触れ合ったり
終了後のサイン会でみんなにサインしてくれたりしました。

と前置きが長くなりましたが、私が使っているエナメルバッグ。
彼女の直筆サイン入りです。
指導者はサインをもらう列に並べなかったので
娘に持たせてもらってもらいました(笑)。




証拠にこれが書いている瞬間↓




正直あれ以降怪我もあってパッとしない時期が続いて
アリエッタの子たちに「これ岩渕真奈のサインだよ」と話しても
最近の子はみんな「誰それ?」って反応でした。
先日のゴールでやっと話が通じるようになって
プチ自慢が出来るようになりました。良かったです(笑)。

次も活躍して日本を世界一に導いて下さい。
がんばれぶっちー、がんばれなでしこジャパン!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

U12リーグ前期の最終結果が発表になりました。
アリエッタはグループCで7位という成績。



2015 U12リーグ前期結果



2015年前期リーグ最終結果


そして後期リーグは前期リーグの結果を反映し、
力の拮抗したチーム同士でリーグを編成するとのこと。
アリエッタはグループEに入りました。



2015 U12リーグ後期リーグ表



2015年後期リーグ表


前期7~10位チームのグループだけに
さすがに今度は未勝利・無得点は抜け出さないと。
試合日程は決定次第お知らせします。
心機一転頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







お問い合わせはここをクリック


検索フォーム

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。