東京都多摩市(エリアE)で活動している少女サッカーチームの非公式応援ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

2015年度の東京都少女サッカー事業方針について、
昨年11月に説明会が開かれました。
2014年度から少女登録が廃止となり4種登録に統合されていましたが、
1年間は試行期間ということで目に見えた影響はほとんどなし。
しかし試行期間が終わり、いよいよ新年度から改革が本格化します。
ポイントとなる点をいくつかピックアップすると・・・。

■少女選手のみで行われる東京都主催の大会に参加を希望する場合は
「東京都16ブロック(以降16ブロック)」に、
少女選手のみで構成されるチームを新たに登録する必要があります。
男子チームとしてすでに別ブロックに登録済の場合には
それとは違ったチーム名をつけて別途登録する必要があります。
ちなみにトヨニは11ブロックにトヨニUSCとして登録済ですが、
少女の大会に参加するためトヨニUSCアリエッタというチーム名で
別途16ブロックに登録する予定です。
(ブロック分けについてはこちら

■少女選手のみで行われる東京都主催の大会に参加を希望する選手は、
16ブロックに登録されたチームの選手でなければなりません。
(ただし「きさらぎ杯」だけは例外)
トヨニの例で言うと、少女大会に出場できるのは
16ブロックのトヨニUSCアリエッタに登録された選手だけで、
11ブロックのトヨニUSCに登録されている選手は女子であっても出場できません。
現実的には同じトヨニであっても、チームの登録が別々に行われている以上、
それぞれ別チームの選手と判断されるからです。

この規定が施行されることにより、
これまでのように自チームに選手登録をしたままで
どこかの少女チームと合同で大会に参加するということが出来なくなります。
例えば16ブロック以外のAというチームに登録されている選手が
16ブロックに登録しているBというチームに合同参加することは出来ないし、
16ブロックに登録しているBというチームは、
他ブロックのAというチームの女子選手、Cというチームの女子選手、
Dというチームの女子選手に合同参加を呼びかけることも出来なくなります。
つまりものすごくざっくり言ってしまうなら、少女の大会に出たいなら、
16ブロックに登録されたチームの選手になるしかない、ということになります。

とは言っても16ブロックにチームを登録したくても
そもそも女子選手が数人しかいなくて試合人数に足りない・・・
という状況も多々あると思います。
そのような場合には16ブロックに登録された同じような人数不足のチームと
合同で大会に参加することが認められています。
なので女子の大会に参加を希望する選手がいるチームの場合は、
とりあえず16ブロックに新しくチームを登録し、
そこにひとりでもふたりでも選手を登録しておいて、
後から同じ人数不足の境遇のチームとの合同参加を模索する・・・
という方法もありなのかもしれません。

また別の方法としては16ブロック以外のチームに所属する選手でも、
選手登録自体は16ブロックのチームに入れてもらっておいて、
女子の大会以外の普段の活動は自チームで行う・・・というのもありのようです。
(その場合は自チームの選手としては東京都の大会には出場できませんが)
以前から多摩市近隣のチームには自チームに所属したまま
女子大会の時だけ集まって別チームを構成して参加しているところもあります。
そういったチームはこちらの方法を適用しながら
活動を継続していくことになるのでしょうか。

悩ましいのが今回の規定の中に「移籍」に関する事項が明記されていること。
「プレイヤーズファーストを踏まえた移籍は問題ない」と言いつつ、
移籍後のチームでの大会出場については制限をかけています。
(まぁこの表現自体抽象的すぎて何とも捉えようがないのですが、
男子で始めてみたけどやっぱり女子だけが良いみたいな移籍はOK?の意味なのかな)
なので選手の試合機会を年間通して確保してあげるためには、
本人の意思や保護者の意思、そしてチームとしての方針などをしっかり話し合って、
互いに納得した上で年度初めの選手登録を行うことが必要不可欠になるわけですね。

全体的に見て昨年少女登録の4種統合が発表されてから
現場で巻き起こっていた不平不満、および危機感に関しては
かなり納得できるレベルまで調整されたように思います。
確かに今までの方が女子選手にとっては試合機会も多い気がしますが、
懸念されたような少女だけの大会の激減だとか、
否応なしに男子と試合をし続けなければいけないような事態、
そういったことは避けられたわけですし、
これまでの女子の中央大会の上に男子も含めた中央大会を設置したのは
個人的にはうまいやり方だと思います。
普及と強化のバランスという部分ではうまく取れているんじゃないかなと思いました。

とはいえプレーするのはあくまで選手自身ですから、
本人たちが納得のいく、気持ちよくプレーできる場所がどこなのか、
そこのところは本人はもちろん指導者や保護者の方も含め、
しっかりと考えて行ってあげなければいけませんね。



2015年度の少女事業方針

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://arietta2007.blog104.fc2.com/tb.php/1292-53ce6d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top







お問い合わせはここをクリック


検索フォーム

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。