東京都多摩市(エリアE)で活動している少女サッカーチームの非公式応援ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

先週末は国立市女子サッカーフェスティバルに参加しました。
6-4年生の高学年の部、3年生以下の低学年の部の2カテゴリー。
順位はつけないという趣旨でしたが、低学年の方が結果は良かったかな。




FC LaLuce、高学年、低学年と大中小の図


高学年に関しては新チームスタートに向けて5-4年生の自覚、
低学年に関してはニーニャス中央大会でわかった課題の克服。
このふたつをテーマにチームを見ていましたが、
それなりに改善が見られた低学年チームに比べ、
高学年チームの6年生依存のプレーぶりには危機感を持ちました。
1試合目終了後のミーティングでかなり厳しく言ったので
2試合目以降は自覚を持ち始めた選手もいましたが、
自発的にやろうというのではなく、誰かに引っ張ってもらって、
やらされている感がありありの選手もいて、
この日の一連の試合を見る限りではまだまだ自覚があるとは言えません。




5-4年生は性格面でおとなしく声がでない選手が多いのですが、
日常生活ではそれをその子の性格・個性として尊重しても
サッカーをやるうえでは「性格だから」で片づけて良いわけがなく、
改善する努力を求めなければいけないのが難しいところ。
技術的な話なら教えることは出来ますが、
ハートの部分については本人がやる気にならない限りは克服できません。
自分のプレーに自信がつけば変わってくるのでしょうが、
自信と言うのは黙っていて勝手に湧いてくるものではなく、
自分の努力で身に付けた成果だけが次第に自信に変わって行くものです。
今現在彼女たちがあのようなプレーしか出来ないのは
普段の練習での取り組み方・意識に問題があるのだと見ています。
4月から練習のたびに毎回チェックしているリフティングの回数も
半年以上たった今でもスタート時から10回も増えていない選手もいます。
このあたりお互いに頑張ろうよ!とかしっかりやろうよ!とか
励まし合うなり、指摘し合うなりしていけば良いのですが、
自分が言われたくないから言わない、自分も出来ないから言えない、
そんな空気が充満していて切磋琢磨する雰囲気がありません。
ひとりだけ自覚が芽生え始めた選手がいるのですが
彼女ひとりに全てを任せるのはまだ重荷すぎるし、
さてさてどうしたものか・・・大きな悩みです。

そうは言っても新チームの始動はもうすぐそこに迫っているし、
どうにか手を見つけないといけません。
アリエッタの歴史の中でも最も大変な船出になりそうですが、
彼女たちの奮起に期待します。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://arietta2007.blog104.fc2.com/tb.php/1360-61d99619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top







お問い合わせはここをクリック


検索フォーム

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。